市民自治こがねいは、紙媒体の「散歩だより」やHP、FB、Twitterによる情報提供に加え、ほぼ月一回、ネットニュース「小金井TOPICS」を配信しています。その時々の役に立つ市政、まちづくりの情報を掲載していきます。掲載希望のイベント情報、市政へのご意見などお寄せください。

 

 

2022.11.15 ネットニュース「小金井TOPICS」45号

 

----------   

TOPIC❶ 「市民自治こがねい」散歩だより108号 12/10発行に向けて編集中!

------------------------------------------------------------------------

 

特集テーマ「どうなってる、どうなる新市庁舎建設」           

 

「散歩だより」は年2回、2,000軒近くのお宅にお届けし、集会施設・お店などにも置かせていただいています。

HPでもご覧いただけます。 https://www.sijiko.com/散歩だより/

 

   

----------   

TOPIC❷ お知らせ(イベント)
------------------------------------------------------------------------

  

◆イベント

 

■「食べなさい!」だけじゃ、ダメ 行動科学で変わる子どもの食習慣

11/21(月)15:00~16:40

@小金井市市民会館 萌え木ホール

講演:赤松利恵(お茶の水女子大学教授)

定員:20人(先着)

参加費:無料

応募方法:11/18(金)正午までに

 お名前と同伴者(お子様)の有無を教育委員会・学務課保健給食係へ

 電話:042-387-9874 又は メールアドレス:k010299@koganei-shi.jp

 

■市民がつくる自主講座

 「子どもと一緒に取材しよう ハチドリのひとしずく」

12/18(金)13:30~16:00

@公民館貫井北分館

対象:市内在住・在学小学3~中学生

問い合わせ:公民館緑分館042-387-7301

 

   

---------- 

TOPIC❸ 市長選&市議補選は11/20告示、/27投開票 

 市長選出馬表明はいまだただ1人

------------------------------------------------------------------------

 

 西岡前市長が10/14に辞職。市長選は11/20告示、27投開票で行われます。

現在(11/15)、出馬表明を行ったのは、11/2に記者会見した元市議会議員の白井とおるさんだけです。そのため青年会議所が市長選に向けて予定されていた公開討論会も中止となりました。告示まで10日を切った段階で出馬表明が1人というのはかつてない事態です。市長選に合わせて行われる市議補選は定数2。こちらは、現在3人が活動を始めています。

 今回の市長選&市議補選のおもな争点は、第1に西岡前市長の辞職の要因となった「公立保育園の廃園問題」、第2に長年の課題である「新庁舎&新福祉会館の建設問題」、そして第3に「はけと野川の自然への影響が懸念される都市計画道路」です。

 いずれもこれからの小金井のまちづくりの方向を問う重要なテーマです。

候補者それぞれがこれらのテーマをめぐって政策論争を行い、有権者に評価を求めるのが市長選であり、市議補選です。

 立候補者が出てくることを期待したいと思います。

 

 

---------- 

TOPIC❹ 「庁舎等建設に関する協議会」

 市長辞職で、取りまとめできずに終了

------------------------------------------------------------------------

 

 「庁舎等建設に関する協議会」は、西岡市長の辞職後に開かれた10/28の「協議会」で、以下の座長発言をもって、終了しました。

 新庁舎&新福祉会館の建設はすでに実施設計まで進んできていますが、建築資材の高騰も建設費に影響、「協議会」が「着工可能な成案が得られるよう論点の整理をする」という当初の目的をまとめきれずに、終わったことで、建設への見通しは不透明さを増すこととなっています。

 新しく選ばれる市長が、いかなるかじ取りをしていくのか、注目です。

 

*座長発言----------

「この協議会は、西岡市長からの要請を受けての協議会であり、異例と言える会議体でしたので、議長と協定を結んだ西岡市長が辞職してしまいました今、事情は大きく変わりました。西岡市長からは「着工可能な成案が得られるよう、論点の整理をする」ことを求められていたところです。実際にはそこまでには至っていないと思いますが、10月末までには、1)いくつかの建設パターンの比較、2)現設計の修正の条件を示し専門家に委託し調査をする、3)基本設計まで視野に入れる、といった内容に関しまして、正副座長から議員の皆さまにお示しをしながらご意見を伺ってまとめることを考えておりました。

 

 しかし、求められたまとめをお返しする相手方である市長の辞職により、事情が変わったと思っておりまして、むしろ新しい市長がどのような判断をするのか、ということを考えると、議会からまとめたような内容をお伝えすること自体、市長の権限に一定の制約をしてしまうことになりかねません。

 

 協議会で話した内容については、議事録や資料により、新しい市長の下、改めて庁舎等建設の検討に活用していただければ幸いと思います。執行権を持つ市長と行政、チェック機能を発揮する議会、それぞれの役割が果たせる場所に戻り、より良い政策の形成に向け、頑張っていくことが市民のために必要なことだと感じるところであります。

 

 ここで、協議会はここで終了といたしますが最後に、市長職務代理者から発言を求められていますので、発言をお願いしたいと思います。」 

  

 

 

2022.10.15 ネットニュース「小金井TOPICS」44号

 

----------   

TOPIC❶ 「市民自治こがねい」散歩だより107号 配布中!

------------------------------------------------------------------------   

 

今回の特集テーマ

 「気になる市民活動団体へインタビュー

  私たちを取り巻く環境・平和・子どもたちのことなど」           

HPでもご覧いただけます。 https://www.sijiko.com/散歩だより/

 

   

----------   

TOPIC❷ お知らせ(イベント、審議会、市議会)
------------------------------------------------------------------------

  

◆イベント

 

■秋の『市民ごみ大学セミナー』

11/19(土)13:30~16:00

@小金井市市民会館 萌え木ホール(3階) 

講師:渡辺浩平さん(帝京大学文学部社会学科 教授)

テーマ:研究者は食品廃棄物削減に向けて 何をしている?

    ~食品廃棄をいかに把握し、削減につなげるか~

参加費(資料代):一般1,000円、学生/会員500円 

*予約不要 直接会場へ

 詳しくは⇒ https://gomikan21.com/seminar/20221119shokuhin.pdf

 

■市民がつくる自主講座「子育て世代で繋がろう」

11/8 11/22 11/29 いずれも火曜日 10:00~12:00

@公民館緑分館  保育あり

育児のちょっと先輩の話です。

申し込み:小金井子育て・子育ち支援ネットワーク協議会

 080-4836-2865/ koganei.k.k.netwk(at)gmail.com  (at)を@に

 

 

◆審議会

 

【委員募集」長期計画審議会

第5次基本構想・前期基本計画の推進及び効果検証について審議します。

定数:3名(選考)

任期:2年間

報酬:1万円(1回)

応募期限:11/15(火)(必着) 

作文(800字以内)

その他詳細:042-387-9800市役所企画政策課

 

【パブリックコメント】小金井市個人情報保護条例改正に対する意見募集 

10/14(金)~11/14(月)まで

https://www.city.koganei.lg.jp/shisei/siseidata/johokokaihogotou/kojinjyoho_pubcome.html

 

  

◆市議会

 

議会報告会2022

 話そうよ、小金井市政のこと。 「市民と議会の交流会議」

10/21(金) 19:00〜20:30 @小金井 宮地楽器ホール 小ホール

10/22(土) 14:30〜16:00 @マロンホール

<議会報告と意見交換>

公立保育園廃園条例/新庁舎&新福祉会館建設/注目の予算ほか

*YouTube生中継あり

*要事前申し込み 空きがある場合、当日参加O K

問合せ・申し込み:議会事務局 042-387-9947 FAX :042-387-1225     

   g020199(at)Koganei-shi.jp  (at)を@に変えてください

https://www.city.koganei.lg.jp/shisei/gikaijimukyoku/koutyou_koho/D090101514584.html

 

 

   

---------- 

TOPIC❸ 突然! 10/14西岡市長辞職

       市長選は11/20告示、/27投開票 

------------------------------------------------------------------------

 

 9月議会で提案された「小金井市立保育園条例の一部を改正する条例(いわゆる市立保育園廃園条例)」を市議会が継続審査としたにもかかわらず、西岡市長は「議会において議会が議決すべき事件を議決しない」(地方自治法179条1項)にあたるとし、9/29「専決処分」を行い、廃園を強行する事態となりました。

 「専決処分」は、大災害など緊急性がある場合などに認められているもので、今回のような条例制定についての「専決処分」は、市長と市議会の2元代表制を否定するものです。

専決処分後の10/7の本会議で、「専決処分」は賛成2、反対20で「不承認」となりました。直後、西岡市長は10/14付で辞職することを表明、本会議終了後の記者会見で、記者からの質問に、「市長選には出馬しない」と明言しました。

 市長選は、辞職から50日以内に行われることになっており、11/20告示、27日投開票となりました。同時に市議の補欠選挙も行われます。

 「専決処分」が議会で「不承認」になっても、「廃園条例」自体は効力を失わないため、来年度の入園をめぐって、子どもたち、保護者、入園希望者には不安が広がっています。

 突然の西岡市長辞職は、市政への不信を増大させています。11/27の市長選は、市民が小金井市政を問い直す大切な機会です。

 「保育園のあり方」「新庁舎・新福祉会館建設」「はけと野川をこわす都市計画道路」など重要テーマを争点とした市長選になります。

 

 

---------- 

TOPIC❹ 9月定例会 個人情報保護条例改正で意見書採択

 自治体の自主的主体的な判断を最大限尊重することを求める

------------------------------------------------------------------------

 

 小金井市議会は9月議会で「個人情報保護法全面施行に向け、条例改正における自治体の自主的主体的な判断を最大限尊重するよう強く求める意見書」を14対8の賛成多数で可決し、国へ送付しました。

 

 昨年5月に「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律」が公布され個人情報保護法が改定、来年4/1施行されます。これに伴い、「小金井市情報公開・個人情報保護条例」の改定が行われることになります。

 新設された国の機関である「個人情報保護委員会」から、すでに改定保護法の規程を条例に適用しなければならない、自治体の独自判断は認めないという文書(ガイドライン)が出されるなど、地方分権を否定し、国と自治体の関係が大きく変えられようとしています。

 小金井市の現条例は、自己情報コントロール権の担保、審議会のあり方など全国的にもかなり先進的な内容です。それだけに、今回の改定による現行条例の大きな後退が危惧されます。

 

 「意見書」では「ガイドラインの中で、「しなければならない」及び「してはならない」と記述している事項については、これらに従わなかった場合、法違反と判断される可能性があるともしている。自治事務における解釈運用や監視監督に踏み込んでくる見解を示した個人情報保護委員会は、地方自治体への介入と言わざるをえない。」と指摘し、「個人情報保護委員会に抗議し、条例改正における自治体の自主的主体的な判断を最大限尊重するよう強く求め」ています。

 

 

---------- 

TOPIC❺ 「新庁舎・新福祉会館建設」

     市長辞職で「協議会」開かれず

------------------------------------------------------------------------

 

 新庁舎・新福祉会館建設問題の打開に向けて、市と市議会の「協議会」がこれまで9回行われています。10月に2回開催し、なんらかの集約をして終了することになっていました。

しかし、突然の市長辞職により、「協議会」の今後については見通しが立っていません。「協議会」の議論は、市も市議もそれぞれの立場の正当性を述べることに終始しているように思えます。どのように合意点を見出そうとしているのか。新しい市長のリーダーシップに期待します。

  

 

 

2022.9.15 ネットニュース「小金井TOPICS」43号

 

----------   

TOPIC❶ 「市民自治こがねい」散歩だより107号 配布中!

------------------------------------------------------------------------   

 

今回の特集テーマ

 「気になる市民活動団体へインタビュー

  私たちを取り巻く環境・平和・子どもたちのことなど」           

HPでもご覧いただけます。 https://www.sijiko.com/散歩だより/

 

   

----------   

TOPIC❷ お知らせ(イベント、審議会、市議会)
------------------------------------------------------------------------

  

◆イベント

 

平和チャリティコンサート㏌多摩

10/14(金)13:00開場 13:30開演

@宮地楽器大ホール

講演「いかに戦争をさせないか」 講師:望月衣塑子さん

混声合唱組曲「沖縄の雲へ」

入場券2500円 前売り2000円

主催:多摩Pacemの集い

連絡先:090-4410-9990

 

 

◆審議会

 

小金井市情報公開・個人情報保護審議会

9/30(金)18:00~

@市役所第二庁舎8階801会議室

 

 

◆市議会

 

第3回定例会 9/1(木)開会~10/7(金)

 

市民と議会の懇談会

9/24(土)19:00~20:30

@小金井市市民会館 萌え木ホール

テーマ「議会のあり方(定数・報酬等)について」

 小金井市議会では、議員定数について議論が繰り返されてきました。これからの市議会のあり方について、議員定数や報酬等も含めて市民の皆様と懇談の場を設け、今後の議論にいかしたいと思います。

参加申込:9/21(水)までに下記いずれかにて。

議会事務局議事係 042-387-9947

メールアドレス:g020199@koganei-shi.jp

 

庁舎等建設に関する協議会

9/20(火)15:00~

9/27(火)13:00~

@本庁舎3F第1会議室

 

   

---------- 

TOPIC❸ 9/27の安倍元首相「国葬」の中止を求める声、高まる

 西岡市長「弔意の表明、求めない」 

------------------------------------------------------------------------

 

■9/9小金井市議会は、「国葬」の中止を求める意見書を賛成多数で採択しました。

 意見書では「思想・信条の自由」(憲法19条)に違反すること、世論調査で反対が賛成を上回っていること、法的根拠も国会審議もなく巨額の国費によって行われることなどの理由から、「国葬」の中止を求めています。

 「国葬」の中止を求める意見書を市議会が可決したのは、小金井市が全国初です。

 

■9/9「こがねいピースアクション」は、小金井市長、教育長と面談し、「国葬」の中止、

「国葬」に伴う弔意の押しつけ、半旗の掲揚、黙とうなどを市庁舎、学校などで行わないよう「要望書」を提出しました。市長、教育長は、「国からの通達は来ていない。現段階では弔意の表明を求めることは考えていない」ことを表明、16日には文書での回答を約束しました。

 

■9/11には「市民有志」がよびかけ、武蔵小金井駅前で反戦アクション。「国葬」中止を求め市民120名が参加しました。歌と音楽をはさみながら、市民、市議、都議などがリレートークを行い、署名活動には100を超える方々がサインしました。

 

■このような、市民、議会の動きもあって、9/14の総務企画委員会で西岡市長は、「国葬」について以下のように表明しました。

「国や都からの要請などは来ていないが、半旗掲揚考えていない。

学校にも半旗掲揚などの弔意表明を求めない。

要請が来たとしても市の組織や関係団体に、弔意表明を求めることはない。」

 

 

---------- 

TOPIC❹ 【続報】気になる問題 保育園廃園&新庁舎建設

------------------------------------------------------------------------

 

■「保育園廃園のための条例案(注)」は、西岡市長は6月議会上程を断念しましたが、9月議会で上程に踏み切りました。来年度の募集要項を10月には明らかにしなければならないことから、市長は、9月議会での条例案可決をめざしています。条例案は厚生文教委員会に付託され審議が行われています。

 

 厚生文教委員会では、議員有志の提案による小金井市公立保育園の在り方検討委員会設置条例や、保護者らによる公立保育園に関連する陳情書も継続して審査しています。

 

9/10(土)には「公立保育園運営協議会」が開催されました。

保護者委員からは資料として、父母会独自で利用者に取ったアンケートの結果が提出されました。市のこれまでのプロセスへの不信は大きく、「あまり賛同しない」、「賛同しない」が81.6%にのぼっています。廃園ありきですべて後付けではないのか、という声が根強くあります。一方、市は「意見シート、説明会、パブリックコメントを重ねてきたのでプロセスに問題ない」という趣旨の回答。予定をオーバーして5時間にわたりましたが、保護者の市への不信感は強まったようです。

 

9/12の厚生文教委員会では「公立保育園の廃園に向けた取り進めに反対し、市民・専門家を交えた協議を行うことを求める陳情書」と「廃園条例の徹底審議を求める陳情書」の陳述が行われました。ここでも廃園ありきでの進め方への問題点が指摘されました。その後、「条例案」の審議が行われましたが、この日は20時頃閉会となり、次回9/22には議員有志提案の委員会設置条例を、9/26には「廃園条例」や陳情書を審査する予定です。厚生文教委員会は、委員の発言を聞く限り、「継続審議」を求める声が強いようですが、審議の行方は不透明です。

  

(注)来年の春から順次、さくら保育園・くりのみ保育園の0歳児募集を停止し、在園する園児が卒園する2028年春に廃園にする条例案。市は今回の条例案にわかたけ保育園を入れていませんが、2園の状況や社会情勢を見て、廃園時期を決める方針です。

 

 

■新庁舎・新福祉会館建設をめぐっては市と市議会の「協議会」がこれまで7回行われています。市も市議もそれぞれの立場の正当性を述べることに終始しているように思えます。どのように合意点を見出そうとしているのか、不明です。10月をめどとされていますが、協議は実を結ぶのでしょうか。10月初旬には「中期財政計画」も明らかになる模様。

 

 

---------- 

TOPIC❺ 新型コロナ感染症第7波 感染者、ピークアウト 減少傾向へ 

 9/10現在「自宅療養者」「調整中」は648名

------------------------------------------------------------------------

 

■7月中旬からの「第7波」、小金井市では感染者は8/4には過去最大の348名を記録、その後、9月に入ってからは46名から185名の間を推移しています。9/10現在「自宅療養者」、「調整中」は648名となり、ピーク時の4分の1程度になってきました。世代的には、直近の一週間データで、子どもから20代までで約40%、この傾向は変りません。累計感染確認数は9/12現在で22,032名。

 「第7波」の急速な拡大で、感染の心配があっても検査にたどり着くことも困難な状況と、医療体制のひっ迫も続いています。感染者とその家族への迅速な支援が求められています。

 また、長期化するコロナ禍に物価高騰も重なり、子ども、若者、女性たちに生活困窮は拡大し、常態化してきています。いのちと暮らしを支える自治体、地域でのセーフティネット、連帯の力がより重要になってきています。

 

■検査を受けたい場合

・東京都新型コロナウイルスPCR等検査無料化事業

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/muryoukensa.html

・濃厚接触者となられた方のための検査キット申込サイト

https://tokyo-testkit.jp/

・新型コロナウイルス感染症の発症を疑う何らかの症状がある方へ検査キットの配布

https://tokyo-onsettestkit.jp/

 

■自宅療養者・濃厚接触者の方などへ生活必需品の支援等

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/D0504010202104210756.html

 

■2022年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯あたり10万円)は、対象と思われる世帯の世帯主宛に、確認書(2022年7/1発送)又は申請書(2022年7/7発送)が発送されています。

 2021年度は住民税非課税世帯でしたが2022年度から世帯全員が住民税均等割非課税になる世帯や、2022年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響で家計急変のあった世帯を支援する新たな給付金です。給付金を受給するためには手続きが必要です。

詳細はhttps://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/444/juminzeihikazei1.html

 

■住居確保給付金(家賃補助) 再支給も

 住居確保給付金は、離職や休業等に伴う収入の減少により住宅を失うおそれのある方等に、原則3か月間、最長9か月間、家賃相当額(上限あり)を、市から住宅の貸主に支給する制度です。再支給が可能です。

 過去に支給が終了した方について、支給要件を満たした場合、3か月間の再支給が可能です。なお、この特例による再支給は1回限りです。

福祉総合相談窓口までお問い合わせください。⇒TEL:042-386-0295

詳細は https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/444/jyuukyokakuhokakudai.html

 

■新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(以下「自立支援金」という)は、既に 総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯に対し、就労による自立を図るため、またそれが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるために支給されます。再支給も可能となりました。

詳細は https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/444/3jiritushienkin.html

   

◆小金井市 新型コロナウイルスに関する相談窓口

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/okomarisoudan.html

 

◆⼩⾦井市 新型コロナウイルス関連コールセンター

 TEL:042-383-1970 9:00-17:00(⼟⽇休⽇除く)

 FAX:042-383-5020(24時間)

 

◆ワクチン接種について

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/koronawakuchin1/index.html

 

 

 

2022.8.15 ネットニュース「小金井TOPICS」42号

 

----------   

TOPIC❶ 「市民自治こがねい」散歩だより107号 配布中!

------------------------------------------------------------------------   

 

今回の特集テーマ

 「気になる市民活動団体へインタビュー

  私たちを取り巻く環境・平和・子どもたちのことなど」           

HPでもご覧いただけます。 https://www.sijiko.com/散歩だより/

 

   

----------   

TOPIC❷ お知らせ(イベント、審議会、市議会)
------------------------------------------------------------------------

  

◆イベント

 

市民がつくる自主講座「知りたい!はけと野川の生態系」

8/21(日)14:00~16:00 

講師:田中希さん(くまかび工房)

@貫井北センター学習室AB

主催:はけの自然と文化をまもる会

 

子どもオンブズパーソン相談室 施設見学会

8/20(土)

8/25(木)*子どもオンブズパーソンがいます。

10:00~12:00、13:00~16:30(最終受付は16:00)

@小金井市子どもオンブズパーソン相談室

小金井市中町3-9-10 Costa4階

  (室内目安8人、所要時間は約15分程度)

 

「ウクライナに平和を」反戦アクション

9/11(日)12:30~13:30

@武蔵小金井駅南口 主催:「市民有志」

 

 

◆審議会

小金井市情報公開・個人情報保護審議会

8/22日(月)18:00~

@市役所第二庁舎8階801会議室

 

 

◆市議会

全員協議会(新たな保育業務の総合的な見直し方針について)

8/19(金)13:00~

@本庁舎3F第1会議室

 

庁舎等建設に関する協議会

8/15(月)13:00~17:00

8/24(水)10:00~12:00

@本庁舎3F第1会議室

 

第3回定例会 9/1(木)開会

 

  

---------- 

TOPIC❸ 12月議会に上程か

 個人情報保護法改定に伴う個人情報保護条例改定案

 脅かされる個人情報保護、強まる国の管理

------------------------------------------------------------------------

 

 昨年5月に「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律」が公布され個人情報保護法が改定、来年4月1日施行されます。

 これに伴い、「小金井市情報公開・個人情報保護条例」の改定が行われることになります。

 

 新設された国の機関である「個人情報保護委員会」から、すでに、改定保護法の規程を条例に適用しなければならない、自治体の独自判断は認めないという文書(ガイドライン)が出されるなど、地方分権を否定し、国と自治体の関係が大きく変えられようとしています。

 ガイドラインには、「法に基づく規律を越えるルールを設けることはできない」と記載され、自治体の個人情報保護条例の水準を大きく引き下げ、市民的権利が脅かされ、国による個人情報の利活用の自由度を高めようとしています。

 

 小金井市の現条例は、自己情報コントロール権の担保、審議会のあり方など全国的にもかなり先進的な内容です。それだけに、今回の改定による現行条例の大きな後退が危惧されます。

 

 都議会議員漢人あきこさんが東京都の全自治体に対して行った4月の調査によると、改定法を受けた条例改定については、「国の共通ルールに沿って改正」が34自治体、「独自の保護措置について規定」と答えたのは武蔵野市1市のみ、27自治体は未定でした。小金井市も未定と答えています。そして小金井市は改定にあたっては、小金井市の「審議会」の意見を聞き、パブリックコメントを行い、12月の市議会に改定条例案を上程するとしています。

 8/22の「小金井市情報公開・個人情報保護条例審議会」で条例の改定内容が検討されます。注目しましょう。

 

 

---------- 

TOPIC❹ 【続報】突然の武蔵野公園原っぱに防災設備設置

 東京都は謝罪、再検討と住民説明会を約束

------------------------------------------------------------------------

 

 TOPICS39号「突然!武蔵野公園の原っぱにスピーカー設置!?」の続報です。

市民、環境団体、市議、都議などの抗議を受け、その後、7/2に再検討案の現地説明会、7/31には南小での住民説明会の開催が決まりました。

 7/2は暑いなか40~50人が参加。当初の原っぱの真ん中に防災放送スピーカーを3つ建てるとされていた計画からは改善されたものの、そもそもの必要性などの説明が不十分なものでした。7/31の住民説明会にむけて、この日の疑問にも答える説明資料を整えて7/19までに公開することが約束されました。

 その後、7/31の「住民説明会」は、コロナ感染拡大を受けて延期になりました。感染状況をみて再設定されます。

 

 「住民説明会」に向けての説明資料などはこちらに掲載されています。

https://musashinoparks.com/kouen/musasino/

 

 市議会は、6月議会において「1 防災電気工事の説明会開催に当たっては、近隣住民等への周知に努めること 2 説明会等を通して、近隣住民や環境団体など市民の意向を尊重した調整に努めること 3 武蔵野公園内の整備や維持管理については、市民協働の理念に基づき、市民との協議を重視すること」を求める意見書を賛成多数で可決、東京都に送付しました。

 

 

---------- 

TOPIC❺ 気になる問題 保育園廃園&新庁舎建設

------------------------------------------------------------------------

 

■西岡市長は「保育園廃園のための条例案(注)」の6月議会上程を断念しましたが、9月議会での上程に向け、8/1、2に市議会全員協議会が開かれました。

しかし、そこでも審議は尽くされず、続きは8/19の全員協議会で行うこととなりました。

 市議会では、8/4の行財政改革推進調査特別委員会、8日の厚生文教委員会でも審議されました。厚生文教委員会では、議員有志の提案による小金井市公立保育園の在り方検討委員会設置条例や、公立保育園に関連する陳情書も、継続して審査しています。

 9月議会に西岡市長は「廃園条例」の提案を強行するのでしょうか。

 

(注)来年の春から順次、さくら保育園・くりのみ保育園の0歳児募集を停止し、在園する園児が卒園する2028年春に廃園にする条例案。市は今回の条例案にわかたけ保育園を入れていませんが、2園の状況や社会情勢を見て、廃園時期を決める方針を持っています。

 

■新庁舎・新福祉会館建設をめぐっては市と市議会の「協議会」がこれまで5回行われています。市も市議もそれぞれの立場を述べることに終始しているように思えます。どのように合意点を見出そうとしているのか、不明なまま進行しています。10月をめどとされていますが、協議は実を結ぶのでしょうか。8月の協議会は、15(月)13~17時からと、24(水)の10~12時です。

 

 

---------- 

TOPIC❻ 新型コロナ感染症第7波、急速な拡大 

 小金井でも8/4過去最大348名、

 8/6現在「自宅療養者」「調整中」は2189名

------------------------------------------------------------------------

 

■7月中旬から「第7波」がかつてない勢いで拡大しています。小金井市の感染者数は6月の1日平均約12名から7月は1日平均150名。8/4には過去最大の348名が感染、身近なところで感染者や濃厚接触者が増えています。8/6現在「自宅療養者」、「調整中」は2189名。世代的には、直近の一週間データで、子どもから20代までで約40%、この傾向は変りません。累計感染確認数は8/11現在で17330名。

 

 「第7波」の急速な拡大で、感染の心配があっても検査にたどり着くことも困難な状況となっています。医療体制もひっ迫しています。感染者とその家族への迅速な支援が求められています。

 また、長期化するコロナ禍に物価高騰も重なり、子ども、若者、女性たちに生活困窮は拡大し、常態化してきています。いのちと暮らしを支える自治体、地域でのセーフティネット、連帯の力がより重要になってきています。

 

■検査を受けたい場合

・東京都新型コロナウイルスPCR等検査無料化事業

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/muryoukensa.html

・濃厚接触者となられた方のための検査キット申込サイト

https://tokyo-testkit.jp/

・新型コロナウイルス感染症の発症を疑う何らかの症状がある方へ検査キットの配布

https://tokyo-onsettestkit.jp/

 

■自宅療養者・濃厚接触者の方などへ生活必需品の支援等

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/D0504010202104210756.html

 

■2022年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯あたり10万円)は、対象と思われる世帯の世帯主宛に、確認書(2022年7/1発送)又は申請書(2022年7/7発送)が発送されています。

 2021年度は住民税課税世帯でしたが2022年度から世帯全員が住民税均等割非課税になる世帯や、2022年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響で家計急変のあった世帯を支援する新たな給付金です。給付金を受給するためには手続きが必要です。

詳細はhttps://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/444/juminzeihikazei1.html

 

■住居確保給付金(家賃補助) 再支給も

 住居確保給付金は、離職や休業等に伴う収入の減少により住宅を失うおそれのある方等に、原則3か月間、最長9か月間、家賃相当額(上限あり)を、市から住宅の貸主に支給する制度です。再支給が可能です。

 過去に支給が終了した方について、支給要件を満たした場合、3か月間の再支給が可能です。なお、この特例による再支給は1回限りです。

福祉総合相談窓口までお問い合わせください。⇒TEL:042-386-0295

詳細は https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/444/jyuukyokakuhokakudai.html

 

■新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(以下「自立支援金」という)は、既に 総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯に対し、就労による自立を図るため、またそれが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるために支給されます。再支給も可能となりました。

詳細は https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/444/3jiritushienkin.html

 

 

◆小金井市 新型コロナウイルスに関する相談窓口

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/okomarisoudan.html

 

◆⼩⾦井市 新型コロナウイルス関連コールセンター

 TEL:042-383-1970 9:00-17:00(⼟⽇休⽇除く)

 FAX:042-383-5020(24時間)

 

◆ワクチン接種について

https://www.city.koganei.lg.jp/kenkofukuhsi/kenkosodan/info/kanrennzyouhou/koronawakuchin1/index.html

 

 

 

 

➤2019.2月(創刊)~2022.7月の小金井TOPICSは → こちら

 

 

   

Twitter
Twitter