2014.1.13 都知事選に対する見解

 

市民自治こがねいでは、会報「散歩だより」の発送に、以下の都知事選に対する現段階での見解を含む文章を同封しました。

 

------------------------------------------------------------------

 

市民自治こがねい「散歩だより」をお送りしている皆様へ

新たな年が始まりました。皆様にとって、どうかよい年となるように願います。
今回の「散歩だより」は『小金井の環境の今と原発問題』を特集しました。また、片山かおるのちょっとカエル通信46号、一日だけの「Cafeぼちぼち」のチラシも同封しています。ぜひご覧ください。

一昨年の末には衆議院選と都知事選、昨年は市議選、都議選、参議院選と多くの選挙が重なりました。国政も地方政治も様相が変わり、経済の活性化やオリンピック開催など、震災や原発事故など忘れ去られたかのように、華やかな話題に焦点が当てられました。しかし、経済格差が広がり、汚染水漏れなど原発事故も収束しない中、先の見えない不安を抱える時代となっています。
秘密保護法の強行採決や靖国参拝など、現政権のきな臭さも増しています。

そんな中で、猪瀬都知事の辞職により再び都知事選となりました。国政への不安を払拭するためにも、都政をもっと市民に寄り添った政治にしていく必要があります。
市民が擁立した候補者を納得して応援したい、という思いで年末から都内の議員や市民と会議を重ねてきました。その中で現在、宇都宮けんじさんが出馬表明し、記者会見もしています。その過程に若干疑問を感じる部分もありますが、現時点(1/13)では前回の選挙でも応援した、宇都宮けんじさんを信頼し、応援したいと考えています。地道に市民に寄り添う活動を重ねてきた経歴から、都知事になれば必ず市民のための政治を行えるはずです。

しかし、他候補者との一本化協議が行われる可能性もあり、ギリギリまで事態は流動的です。できる限り、納得のいく結果になる努力をしていきたいと思います。

 

2014年1月13日           
市民自治こがねい運営委員会

   

イベント、物販情報などブログをご覧ください
市民の交流スペース